雑雑読書日記

六十一歳戌年、日々是休日 adobeイラストレーターを独学中。昭和、読書、音楽、映画の他爬虫類の飼育、散歩と下手な写真が趣味。独学記と身近な出来事。

雑雑読書日記81 MISIAのライブ、そして今日は愛犬の誕生日

最近、ときどき聴くのがMISIAのこの曲。 パワーがあって好きになりました。 すこし前のライブですが古さは感じません。 声の凄いこと。動きながらあんな声をだすなんて。 MISIA - つつみ込むように… THE TOUR OF MISIA 2008 EIGHTH WORLD 今日は愛犬の誕生日…

雑雑読書日記80 [動画]オーディション番組に現れたオドオドした少女が一変!&読んだ本「昭和ちびっこ怪奇画報」

きのうは期日前投票に行ってきました。 9post.tv ↑こんな動画を見かけました。 人は見かけによらないといいますがまさにそのとおり。 いかにも音楽やってるという感じの人がとても残念なことがよくありますがその逆も楽しいですね。 以前話題になったポール…

雑雑読書日記79 「政治のことよくわからないまま社会人になった人へ」を読んで

もうすぐ参議員選挙。今回の争点はあの年金問題のようだ。老後に2000万蓄える必要と公表しながら批判を浴びるとすぐに引っ込めてしまった。 そして何もないことにしてしまう、去年の森友・加計問題も、うやむやになってしまった。 そんな政治のことを国民一…

雑雑読書日記78.5 読書メーターに登録してある読みたい新書7冊

読書メーターに登録してある読みたい新書7冊を紹介します。 読書メーターはかなり前から使っています。便利です。 読みたい本や読んでいる本、読んだ本に積読本を登録して 読書管理には必携のツールです。 その中から読みたい本に登録してある7冊を紹介し…

雑雑読書日記78 「暴君:新左翼・松崎明に支配されたJR秘史」を読んで

こんな本を読みました 暴君:新左翼・松崎明に支配されたJR秘史 作者: 牧久 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2019/04/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 分厚い本なので一苦労。 私が高校を卒業するときクラスの数人が当時の国鉄に入社した。…

雑雑読書日記77 Tatsuro Yamashita 山下 達郎- Daydream&「耳をすませば」

映画「耳をすませば」のワンシーン Tatsuro Yamashita 山下 達郎- Daydream 電車の中が淡々と流れるのもいいですね。 こんなの好きです。 耳をすませば [DVD] 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 発売日: 2002/05/24 メディア: DV…

雑雑読書日記76 今年もウツボカズラの壺が大きくなってきた

去年買ったウツボカズラが今年も壺をつけてくれました。 それまでにも何回か育てていたのですが冬越しで失敗していました。しかし今年の冬はなんとか越してくれました。 ウツボカズラ、学名はネペンテスで始まります。世界に相当な種類がありますが育ててい…

雑雑読書日記75 ボクの好きなアルバム『WELCOME』/サンタナ

ボクの好きなサンタナ。その中でも好きなのはこの『WELCOME』。 Santana - Welcome - 1973『WELCOME』 1. "Going Home" Instrumental Adapted from Antonín Dvořák's "New World Symphony"; arr.: Alice Coltrane and Santana Band 4:10 2. "Love, Devotion …

雑雑読書日記74 映画『男はつらいよ 寅次郎かもめ歌』で松村達雄が読む詩 あのころの国鉄便所は酷かった。

YOUTUBEをさまよっていたらこんな動画を見かけました。 男はつらいよ 寅次郎かもめ歌〈シリーズ第26作〉 4Kデジタル修復版 [Blu-ray] 出版社/メーカー: 松竹 発売日: 2019/12/25 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る 映画『男はつらいよ』夜間中学…

雑雑読書日記73 アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される

というFRAIDAYのニュースを見つけました。 friday.kodansha.co.jp よく無事で出所できたものですね。 こんな本も出版されているようです。 KEI チカーノになった日本人 (GUFT 2) 作者: KEI 出版社/メーカー: 東京キララ社 発売日: 2009/05/20 メディア: 単行…

雑雑読書日記72 映画『依頼人』を観た

以前読んだ ジョン・グリシャムの『依頼人』をDVDで観ました。 ザ・クライアント 依頼人(字幕版) (プレビュー) 本は上下巻があったので映画で観るとすこしあっさり気味でした。 それでもテンポよく話は進み見やすい映画になっていました。 トミー・リー・ジ…

雑雑読書日記71  キイハンターという番組があった

キイハンター カラーの オープニングタイトル 知っていますか?覚えていますか? この番組をリアルで観ていたらきっと60代の方でしょう。 歌を歌っているのは故・野際陽子さんです。 番組の内容はといえ国際警察特別室が海外からのスパイや 陰謀に立ち向かい…

雑雑読書日記70  加計問題は何が問題なのか?『悪だくみ』という本を読んだ

悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞 作者: 森功 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/12/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る という本を読みました。 タイトルどおりあの「加計問題」の本です。 ネット上にもこんなサイ…

雑雑読書日記69 今手元にある本②とオージェイズ

今読んでいる本の一部です・ ほろ酔い天国 (ごきげん文藝) 作者: 坂口安吾,田中小実昌,筒井康隆,平松洋子,森茉莉,吉田健一,青木正児,安部公房,嵐山光三郎,池波正太郎,井上ひさし,植草甚一,内田百?,大竹聡,小沼丹,角田光代,鴨居羊子,坂口謹一郎,佐多稲子,佐藤…

雑雑読書日記68「サルが食いかけでエサを捨てる理由」

サルが食いかけでエサを捨てる理由 (ちくまプリマー新書) 作者: 野村潤一郎 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2006/05/01 メディア: 新書 クリック: 5回 この商品を含むブログ (8件) を見る なぜこの世に犬と猫がいるの?クモはカニの味がする?人間とモグラ…

雑雑読書日記67 「愛はきらめきの中に」ビー・ジーズ

Bee Gees - How Deep Is Your Love (1977) 1977年ですからも42年前。 映画『サタディ・ナイト・フィーバー』の挿入歌です。 直訳するとあなたの愛の深さはどれくらい?が 愛はきらめきの中に・・・・・・ この曲でチークダンスを踊った方もいるかも 邦訳とい…

雑雑読書日記66 「珈琲の世界史」を読んで、あべ静江の曲を思い出す・・・

という本を読みました。 珈琲の世界史 (講談社現代新書) 作者: 旦部幸博 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/10/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (11件) を見る 珈琲が世界に広がった背景と世界史のなかの珈琲につい て。 自分自身珈琲は好きでも…

雑雑読書日記65 サージェント・ペパーのコピーバンド

The Beatles - Sgt. Pepper's: Live in Concert (The Analogues) 大雨降っているところの方、おきをつけてください。

雑雑読書日記64 代用魚

鯛という名のマンボウ アナゴという名のウミヘビ 食品偽装の最前線――魚・肉・野菜・米 (晋遊舎ブラック新書 3) 作者: 吾妻博勝 出版社/メーカー: 晋遊舎 発売日: 2007/10/10 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (16件) を見る と…

雑雑読書日記63 アメリカン・クラッカーって知っていますか? スマイルバッチ,C.C.R

こんなやつです。 紐にボールが2つついているやつ。 使い方は アメリカンクラッカー それだけのことですが・・・・・・・・・ 昭和30年代中頃までに生まれた方は知っていると思います。 確か昭和45〜46年頃に流行したと思います。 そしてこの時分に スマ…

雑雑読書日記62  初見健一の『昭和こどもゴールデン映画劇場』を読み終えて

今日から7月、ことしもまたたく間に半年過ぎました。 先日、高島忠夫さんがお亡くなりになりました。 氏の印象はテレビのフジテレビ系列の「ゴールデン洋画劇場」が 一番思い出が強いです。 テーマソングが懐かしい。 ゴールデン洋画劇場 初代オープニング …

雑雑読書日記61 「もしも明日が」/わらべとレイ・ブラッドベリの本のこと

好きな曲です わらべ - もしも明日が‧‧‧。 欽ちゃんの番組でしたね この頃のテレビは今のテレビに比べたら断然面白かったなあ・・・・ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 読んだ本です。欽ちゃんとは関係ありません…

雑雑読書日記60 今手元においてある本

トマソン大図鑑〈空の巻〉 (ちくま文庫) 作者: 赤瀬川原平 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1996/12/05 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (20件) を見る トマソン大図鑑〈無の巻〉 (ちくま文庫) 作者: 赤瀬川原平 出版社/メ…

雑雑読書日記59 マックに換えて約五ヶ月、感じたこと

WindowsからMacに換えてから約五ヶ月が経ちました。 感じたことを書きます。 Macに換えて良かったこと ①毎日使っている中で気づいたのは必要なソフトがはじめから入っていること。 Windowsもはじめからプリインストールされているものが多いですが、 年賀状…

雑雑読書日記58 フトアゴ氏下腹ポコリ

雑雑読書日記57 世界で一番美しい病気

世界で一番美しい病気 (ハルキ文庫) 作者: 中島らも 出版社/メーカー: 角川春樹事務所 発売日: 2018/02/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る エッセイと恋愛にまつわる小説集。エッセイは他の本で読んだものも含まれていたがそれでも やっぱり楽し…

日本の大学生が「%」を理解できなくなった理由

headlines.yahoo.co.jp こんなので小学生から英語やプログラミング教育を進めていいのだろうか?・・ ************************************************************************************************************ 大好きな曲です。 Grover Washington …

雑雑読書日記56 ミニマリスト

「手ぶらで生きる」という本を読みました。 手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 作者: ミニマリストしぶ 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版 発売日: 2018/05/07 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見…

雑雑読書日記55 「鯛という名のマンボウアナゴという名のウミヘビ」という本

鯛という名のマンボウ アナゴという名のウミヘビ 食品偽装の最前線――魚・肉・野菜・米 (晋遊舎ブラック新書 3) 作者: 吾妻博勝 出版社/メーカー: 晋遊舎 発売日: 2007/10/10 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (16件) を見る 震…

雑雑読書日記54 海外テレビドラマ

家内が海外テレビドラマにハマっています。 韓流ではありません。 こんなのです。 chicago-tv.jp 「シカゴ・ファイア」予告編 chicago-tv.jp シカゴP.D. シーズン1 私はこの海外ドラマがどうも苦手です。 なんといっても登場人物の多さ、人間関係、キャラク…