雑雑読書日記

六十一歳戌年、日々是休日 adobeイラストレーターを独学中。昭和、読書、音楽、映画の他爬虫類の飼育、散歩と下手な写真が趣味。独学記と身近な出来事。

雑雑読書日記19 「危うし! 小学校英語」を読んだ

こんな本を読みました。

 

危うし! 小学校英語 (文春新書)

危うし! 小学校英語 (文春新書)

 

 私は小学校の英語教育はするなとは言えないが本書にも書かれているようにまずは母語が確

 

立してからのほうが良いと思う。教える側も教え方や能力にも差がある、いやありすぎるので

 

はないか。確かに幼児から教えて末はバイリンガルになったら親の面子も立つもの。

 

しかしほんとうに英語能力を高めるのはモチベーション。今後はプログラミングも教えるそう

 

だけど小学校からあれもこれも詰め込みすぎではないか。

 

ゆとり教育を唱えているわけではなく国語の基礎をしっかりやってから何事も教えないと

 

意味がわからない英語やプログラムができてくると思う。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

日本語以外に英語が子供が誰しも話すことができたらおおいに結構。

 

多少でも理解できたらそれは楽しいだろう。

 

本書によると日本人の子供を持つ親の半分以上が子供の英語教育に賛成らしい。

 

ネットや本をみると子供の頃からの英語教育は大事だという意見が多い。

 

それが商売になる時代尚更のことだ。

 

しかしそれを教える教師のスキルと子供の英語に対するモチベーションはその

 

教師と子供次第だ。楽しみながら英語を学び習得できればいいことだろう。

 

英語やプログラミング以外にもその子供にとって得意なことがなにかあるはずだ。

 

音楽、スポーツ、美術、他。

 

みんなが出来ることも大事だと思うがみんなが出来ないことを出来ることも

 

大事だと思う。

 

 

英語がわからなくても英語の歌を聞いて楽しむのはそのメロディーやリズムで

 

楽しんでいるからだ。英語アレルギーはいい加減にしてそろそろ母国語の

 

良さを認めていってはどうだろう。

 

 

フレディー・マーキュリーのLove kills1を聴きながら書いてみました。

 

バックの映像はフリッツ・ラングの名作でもあり私の大好きな『メトロポリス

 


Freddie Mercury - Love Kills ( Metropolis ) ( Star Rider Remix 2006 )

 

 

 

 

雑雑読書日記18 平成のこと

 

連休中の夕焼けです。

サラリーマン時代は連休最後の日、夕焼けを見ると悲しくなったものです。

それが長い休みであればあるほど・・・・

サザエさん症候群」というらしいですね。マスオさんや波平さんが元気よく

朝出かけるシーンなどは尚更悲しくなりました。

 

f:id:kinkin-60:20190506150408j:plain

 

 

 

元号が変わってもう1週間。あれよあれといっているうちに5月もいつの

まにか終わるのでしょうね。元号が変わるといえばこんな本をブックオフ

見つけたので買ってきました。

 

読むだけですっきりわかる平成史 (宝島SUGOI文庫)

読むだけですっきりわかる平成史 (宝島SUGOI文庫)

 

 平成25年までしか載っていませんがこれから読んでみたいと思います。

 

昭和の終わりから平成のはじめはバブル景気に世の中は浮かれていましたね。

毎晩飲み屋街は大賑わいだったことを覚えています。

車も日産のシーマみたいいな大きい車が流行り着るものも

似合わないのにイタリア製の高級スーツを着たり。(私は着ませんでした)

平成はカネに始まりカネに終わったように思います。

なんでもカネ、カネの時代でもありました。

 

f:id:kinkin-60:20190507140210j:plain

 

 YOUTUBEをさまよっていると

スティーリー・ダンの動画があったので聴きながら読んでいきます。


Steely Dan @ Sony Music Center, NYC - Band & Crew Rehearsal

 

雑雑読書日記17 本のこと、カメラのこと

某月某

 

久しぶりに散髪にゆく。短くするとそれまでモヤモヤしていた頭の中まで

スッキリした気になる。

 

『 実録「山田組」の人びと』を読んだ。

「山田組」というのはと寅さんシリーズの監督山田洋次のこと。

助監督をしていた頃に関わった男優・女優・スタッフのことが描かれている。

助監督という仕事は大変そうだ、Mの性格でないと無理だと思った。

映画を作るというのは大変なことだと改めて知った。

 

助監督は見た!

助監督は見た!

 

デジカメ、レンズ交換式のカメラよりコンデジで十分のような気がして調べて

みる。panasonicのLX100というのに興味がわいた。

 

f:id:kinkin-60:20190507142327j:plain

 

 

 上のグラフのようにしかしデジカメというのは売れゆきは減少して

いるそうだ。

 

今はなんでもスマホの時代。どこかに行くこと、行先の情報、ものを買う・売

る、人とつながる、写真を撮る、それをSNSにアップする、人と連絡を取る他

まだまだ使い方はあるようだ。自分の若い頃は人と連絡を取るというのは

なかなか大変だった。いるかいないかわからないけどとりあえず電話をする。

どこかで待ち合わせをする、家に直接出かける。とにかく会えないときは

全然会えないことが多かった。いまはLINEで一発。逆に全然連絡が取れない

ことで仕事で外に出たらすこしぐらいサボることもできた。

人間すこしぐらいサボったほうが体にもよいかもしれない。

働き方改革というと残業の規制や休日などでよい面がある半面、そのぶん

成果は求められる、効率はもとめられるなどサラリーマンにとっては

窮屈になると思う。

 

この先まだまだAIの導入で進化するのだろう。どんどん離されてゆく。

人らしい仕事はAIがやるとして残った仕事は人がやる。やりがいのない

仕事になるのだろうか・・・・

 

飼っているコーンスネークに餌をやる。

蛇というのは毎日なにを考えているのだろう?

 ビル・エヴァンスを聴きながら本でも読むことにしよう。


Bill Evans - Portrait in Jazz (1960 Album)

 

 

 

 

 

 

雑雑読書日記17.5 今日の積読『酒にまじわれば』なぎら健壱

『酒にまじわれば』なぎら健壱を積む

 

酒にまじわれば (文春文庫)

酒にまじわれば (文春文庫)

 

 なぎらさんの好きなお酒についてのエッセイ集。ブックオフ仕入れました。

 

 

なぎらさんは写真を撮っても面白い人で写真集も出しています。

 

町の残像

町の残像

 

 特にこの本に出てくる町の様子はとてもいい感じで撮られています。

車で通り過ぎれば気づかずに通り過ぎてしまうような町が出てきます。

写真というのは撮る側のこころを写すというのをなにかの本で読んだことがあります。

 

私も写真ブログを開設しようと考えています。

開設のときはこの場で報告しますね^^

雑雑読書日記16 映画が消化不良

DVDやハードディスクレコーダーにたまっている映画が見ることができません。

時間がないのではなく集中できなくなってきています。

2時間映画に集中できないのは

 

①眠くなる

②途中で本のことが気になる

③話がおもしろくない

 

要は映画を見る心構えがちゃんとできていないということです。

中高生のころは映画は映画館で見るかテレビで見るか、

それも録画する術がないのでとにかく集中できないといけないという環境に

あったからです。

 

溜まっている映画の一部を挙げてみます。

 

プリティ・リーグ (字幕版)

プリティ・リーグ (字幕版)

 

 

HOUSE ハウス[東宝DVD名作セレクション]
 

 

山猫 4K修復版 [Blu-ray]

山猫 4K修復版 [Blu-ray]

 

 

続・黄金の七人/レインボー作戦  [HDニューマスター版] Blu-ray

続・黄金の七人/レインボー作戦 [HDニューマスター版] Blu-ray

 

 

 

メトロポリス 完全復元版  (Blu-ray Disc)
 

 

ロリ・マドンナ戦争 [DVD]

ロリ・マドンナ戦争 [DVD]

 

 

 

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督『悪魔のような女』DVD

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督『悪魔のような女』DVD

 

 

 

死刑台のエレベーター HDリマスター版 [DVD]

死刑台のエレベーター HDリマスター版 [DVD]

 

 

 

夕陽の群盗 [DVD]

夕陽の群盗 [DVD]

 

 

 

 

 

遠雷 [DVD]

遠雷 [DVD]

 

 

 

旅芸人の記録 [DVD]

旅芸人の記録 [DVD]

 

 

 

 

ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版 [DVD]

ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版 [DVD]

 

 

ライムライト Limelight [Blu-ray]
 
 一貫性がありません。

 

ギルバート・グレイプ [DVD]

ギルバート・グレイプ [DVD]

 

 

まだまだあるのですがキリがないのでこれくらいにしておきます・・・・

 

大貫妙子を聴いています。


大貫妙子 (Taeko Ōnuki) 12 1987 A Slice of Life [ album]

雑雑読書日記15 『ザ・パーフェクト―日本初の恐竜全身骨格発掘記』『殿山泰司ベスト・エッセイ』

北海道における日本初の恐竜全身骨格発掘記。むかわ町穂別で2003年恐竜の化石が発見された。尾椎骨のほぼ完全な状態のものだった。穂別というところは古くからアンモナイトの産地。12名の発掘に関わった研究員の活躍ぶりや恐竜の基本的なことや発掘からクリーニングに至る一連の工程についても書かれている。クリーニングというのは割と簡単にできると思っていたが繊細な取扱と知識が要求されることと時間のかかることやノジュールという化石が含まれた石の運搬、時にはヒグマと遭遇しかねない大変な作業をこの本で知ることができた。

 

 化石は小さな貝や葉っぱの化石は海岸で拾ったことがあります。小さいとはいえ

拾ってみると嬉しいものです。

この本ではアンモナイトの化石がよく採れる北海道むかわ町が中心に紹介されて

います。

ja.wikipedia.org

知り合いに石川県や福井県で恐竜発掘に参加している方に聞いたことがありますが

恐竜の発掘はとても長い時をかけて行われるものだそうです。

数十年かけてそれが恐竜のどの部分なのかが同定できるか、そういうものらしいです。

恐竜とはいいませんがアンモナイトでも発掘してみたいです。

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

フリージャズとミステリーそして女が好きな名脇役だったトノさんのエッセイ集。独特の文体、頑固ながらも言いたいことをずばりと書いている。世の中は憲法を改悪しようという現代。本の中に「祖国は国民全体が守るもの国民一人一人が自分の国を自分たちを幸せにしてくれるすばらしい国だと思えば黙っていても守るもの、武器など問題ではない」まさに今の暴君に聞かせたい言葉だ。太平洋戦争に従軍し、軍隊の理不尽さを自分の体験から戦争というものを語るトノさんみたいな人はもうほとんどいないと思う。他のエッセイも、もうすこし読んでみたい。

 

雑雑読書日記14 『きょうかたるきのうのこと』を読んだ

グラフィックデザイナーで装丁家でもある平野甲賀さんのエッセイ集。

 

きょうかたる きのうのこと

きょうかたる きのうのこと

 

  

文字や装丁のこと。ポスターや舞台の美術についてこれまでに手がけた本のこと、

 

作家さんのことそして日々のことなど。

 

甲賀さんは面白い本を出版する晶文社の装丁を多く手がけている。

 

その晶文社も出版する本がそれまでの路線と違ってきたのが残念。

 

それでも他の出版社の本でも甲賀さんのデザインになる文庫本や単行本は見かける。

 

独特の書体は

f:id:kinkin-60:20190502163855j:plain


という名前があるそうだ。

 

f:id:kinkin-60:20190502164104j:plain 

f:id:kinkin-60:20190502164144j:plain