雑雑読書日記

六十一歳戌年、日々是休日 adobeイラストレーターを独学中。昭和、読書、音楽、映画の他爬虫類の飼育、散歩と下手な写真が趣味。独学記と身近な出来事。

雑雑読書日記51 映画『陸に上がった軍艦』戦争の理不尽さを知る

映画をDVDで観ました。

 

映画監督新藤兼人氏が自分の戦争体験を語る映画です。

陸に上った軍艦 [DVD]

陸に上った軍艦 [DVD]

 

新藤兼人氏が海軍に入って年下の上官から理不尽な制裁を受けたり、今考えると

 

バカげた訓練(木で作った戦車を引っ張って見立てた地雷を投げる。靴を逆さに履いて

敵にしのびよる)、ハエを1000匹叩いて集めれば一時的に家に帰れるetc

 

太平洋戦争が終わって74年。私の父も陸軍の少年兵として出征しました。

 

ですから戦争の悲惨さや理不尽さ、愚かさはよく聞きました。

 

子供の頃はまだ戦争で足を失ったり、失明した人も近所にいました。

 

しかし74年も経つと実戦を経験した体験者はほとんどいなくなったと思います。

 

そして今の憲法が改正の動き、痛みを忘れる証拠ですね。戦争は繰り返される。

 

というのは当たりのようです。

 

予告編の動画を貼っておきます。


映画 「陸に上がった軍艦」 (07 日/公開 07) 予告編

 

 

 

 

 

 

 

雑雑読書日記50 また痴漢冤罪の本を読んだ。「お父さんはやってない」

 

お父さんはやってない

お父さんはやってない

 

 先日観た周防正行監督がモデルにしたのがこの本のようだ。ある日主人公は満員電車の中で

 

突然痴漢をしたことになり逮捕される。したことになりというのは本人の側からみると犯罪を

 

意味する。身の潔白をするために数百万を積んで保釈されてもまだ裁判をいくつも乗り越えな

 

ければならない。この本は本人と妻、それぞれが書いた文章が交互に載せられていた。

 

どんなにいろいろな証拠を積み上げてゆくもそれは傷されてゆく。

 

読んでいるうちにもし自分に降り掛かったときすべてのパワーが必要となる。99.9%有罪

 

率、一旦起訴されたらほとんど有罪・・・

 

 

 

「こんなサイトが見つかりました。もし巻き込まれてしまったら」

www.t-nakamura-law.com

 

 

 

そしてまた痴漢冤罪に関する本ですが読んでいます。

 

彼女は嘘をついている

彼女は嘘をついている

 

 

 

 *************************************************************************************************************

 

2007年、晩年のエイミー・ワインハウス

 

声もあまり出ていなくて体も痩せています。ドラッグやアルコールが原因か。

 

ビリー・ホリディを思い出しました。才能ある惜しい人を亡くしました。

 


Amy Winehouse live at "La Musicale 2007 Canal +".

 

 

雑雑読書日記49 What You Won't Do For Love/Bobby Caldwell


Bobby Caldwell - What You Won't Do For Love (Slayd5000)

 

youtube巡りで懐かしい曲を見つけました。

 

**************************************************************************************************************

こんな曲も


Heart Of Mine - Bobby Caldwell

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

イヴニング・スキャンダル

イヴニング・スキャンダル

 

 

雑雑読書日記48 リクガメの餌について

飼っているリクガメのことは前に紹介しました。

 

エサは野菜が主体ですが夏場になると庭で育てた野菜も混ぜて

 

やることがあります。うちで作っているのはモロヘイヤとミニキュウリ、

 

バジルなど。あとは時々庭に生えてくる雑草。ただ雑草は排気ガス

 

猫のおしっこがついている可能性もあるので要注意。

 

今日は大好物のチンゲンサイにモロヘイヤ、バジルを少々。

 

f:id:kinkin-60:20190615203624j:plain

f:id:kinkin-60:20190615203639j:plain

カメってのろまのイメージがありますが、意外と早い。

 

エサを置くとあっという間にやってきます。

 

きゅうりは栄養価が少ないので夏場の水分補給に、トマトや人参は食いつき抜群。

 

でもあまりやりません。少し食欲は落ちたなというようなとき。

 

野草は栄養価がとても高いのですがこれも排気ガスや他に汚染されていることが

 

多いのでよく洗います。今の季節ならクズやヤブカラシをとても喜びます、

 

ただいまの甲長9.5センチ、重量168,7g

***********************************************************************************************************

 

今読んでいる本

 

お父さんはやってない

お父さんはやってない

 

 

 

 

 

 

 

雑雑読書日記47 映画「それでもボクはやっていない」を観た

少し古いですが、映画「それでもボクはやっていない」を観ました。

 


それでもボクはやってない・予告編

 

田舎に住んでいると都会の満員電車は地獄のようです。あれで毎日通勤や

 

通学しているのですから大変です。

 

この映画に起こっているような出来事は毎日のように起こっているのかも

 

しれません。そして映画に出てるような警察の取り調べや検察、裁判

  

それに向かうパワーはかなりなものが必要です。ほとんどの人は

 

途中でメンタル凹むのではないでしょうか。

 

99.9%有罪となる日本、取り調べ方法や弁護士の接見など

 

見直さないといけないことはたくさんありそうです。

 

このあと監督である周防正行さんの本を読みました。

 

それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!

それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!

 

映画『それでもボクはやってない』を観て読んだ。ある青年が満員電車で痴漢と間違われ逮捕されその後起訴される。それから裁判。弁護士とのやりとりや彼の母、友人は彼の冤罪を晴らそうとする。そしていよいよ判決の日・・・・ シナリオ完全収録、自作解説、もと裁判官との徹底対話の章に分かれている。特に徹底対談では日本の刑事裁判はどうなっているのかについて著者がその疑問点を元裁判官にぶつける。聞き慣れた法律用語の解釈は特に難解だと思う。一般人が一旦冤罪事件に巻き込まれて無罪を勝ち取るのには相当のパワーと気力が必要だ。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 

今読んでいる本です。

 

似ている動物「見分け方」事典

似ている動物「見分け方」事典

 

 

 

珍奇植物 ビザールプランツと生きる

珍奇植物 ビザールプランツと生きる

 

 

 

雑雑読書日記46 テンプル・グランディン―自閉症と生きるを読む

読んだ本

テンプル・グランディン―自閉症と生きる

テンプル・グランディン―自閉症と生きる

 

 

自閉症の女性の話。彼女はこどもの頃から普通ではない子として見られていた。

 

まだ自閉症ということが世間ではほとんど認められていなかった時代だ。周囲は彼女のそれを

 

変わり者と見る反面それが個性として見ている人もいたようだ。やがて動物との関わりが後に

 

牛などの屠畜を動物の尊厳と安全を考慮したシステムを作り上げた。自閉症自閉症の家族そ

 

して軽い自閉症であるアスペルガー障害は最近になってようやく認知され始めた。彼女のみな

 

らず障害を持つ人達が社会と優しく関われるようになることを望む。

ja.wikipedia.org

あと自閉症より症状があるのがアスペルガー障害。対人に問題があったり

 

うまく社会と関われない。

 

引きこもりと言われている人たちの中にも多いと思います。

 

引きこもりはなんだか何を考えているかわからないとか気持ち悪いと

 

いった風潮があります。それも個性といえる社会であってほしいし

 

社会にでるきっかけづくりを支援してほしいと思います。

 

 

 

 

TEDの動画です。

www.ted.com

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

今日も読んだ本とは関係ない動画、SUNNYという曲が好きなので。

 

タレンタインのサックスはブルージーで分厚い音

 

1970年頃のアメリカ映画にでてくる

 

ニューヨークの黒人街で鳴っているような音楽に聞こえます。(わたしだけですが) 

 


Stanley Turrentine - Sunny

 

雑雑読書日記45「世にも危険な医療の世界史」を読み終えました。

読み終えました。 感想は下を参照してください。

 

世にも危険な医療の世界史

世にも危険な医療の世界史

 

 

あとがきによると原書のタイトルは「インチキ療法ー最悪の治療法の歴史」

 

こちらのタイトルのほうがいいと思った。詐欺のような療法もあれば医師が実験的に行った

 

手術や治療も含まれる。放射線元素が溶け込んだ水を毎日飲んだり、水銀やヒ素を治療に

 

使ったり、ロボトミー手術、瀉血、浣腸、麻酔etcこんな時代に生まれてこなくて幸いだ。

 

しかしテレビや雑誌では怪しげな健康食品や健康・美容器具が宣伝され高額な値段で売られて

 

いる。

 

これから100年200年経った時にそのころの人たちは大笑いしているかもしれない。

 

医療に完璧はないのだね。

 

日本でもいろいろな健康ブームがあったなあ。

 

古いところではぶら下がり健康法。 

 

まだ売られているのですね。

 

f:id:kinkin-60:20190611161449j:plain

ぶら下がるということで肩や背中を伸ばすにはいいと思いますが

 

家の中に置くと狭くなりそうです。

 

飲んだことはありませんが紅茶キノコというのもありました。

 

f:id:kinkin-60:20190611161810j:plain

何に効いたのかよくわかりませんがとにかく流行っていたことを思い出します。 

 

全然関係ないのですが、拾い動画です。


邦楽 80年代シティポップ 2